マリーナベイサンズの宿泊レビュー|ホテル・プールの魅力をご紹介!

Singapore
この記事の所要時間: 1157

マリーナベイサンズ(Marina Bay Sands)は、シンガポール旅行で特におすすめする総合リゾートホテルです。大型ショッピングモールやカジノも魅力的で、屋上に乗っかっている船にあるプール(インフィニティプール)も名所となっています。

実際、わたし(Kyoko)は1年前にマリーナベイサンズへ泊まってきました。ヨーロッパやアジア、アメリカなど世界各地の旅行経験がありますが、マリーナベイサンズはその中でも凄くいい思い出になりました!

ですのでこちらのページでは、マリーナベイサンズの魅力について写真や動画とあわせて、場所別に紹介していきたいと思います。

Kyoko
Kyoko

マリーナベイサンズをより楽しむために知っておきたいことや、おすすめの絶景ポイントなどもお教えしますよ〜マジあげみざわ〜

スポンサーリンク

▼海外旅行予約はエクスペディアがお得!▼ 
😆【航空券&ホテルを同時予約】
エクスペディアの公式サイト😆

▼海外旅行予約はエクスペディアがお得!▼ 
😆【航空券&ホテルを同時予約】
エクスペディアの公式サイト😆

マリーナベイサンズの基本情報・外観・アクセス

最初に、マリーナベイサンズの基本的なことについて取り上げていきます。

わたしがマリーナベイサンズを訪れたのは2017年でしたが、開業は2010年です。以下の写真を見ていただくとお分かりのとおり、大規模な建築物です。

マリーナベイサンズ_外観

高層ビルが3つありますが、実はどれも真っすぐではなく傾いています。詳しくは以下の記事で取り上げているので、ご参考までに。

マリーナベイサンズが傾くのは本当?|倒壊の噂や危険性について
シンガポールで有名なホテル・マリーナベイサンズが傾く、という噂は事実であり、相当難しい建築設計だとされています。建設した韓国のゼネコンの評判などからマリーナベイサンズが倒壊してしまうのでは、という危険性について言及されているようです。

また、ホテルは全57階、総部屋数は2561もあります! まさに、世界有数の豪華なリゾートホテルといえるでしょう。

マリーナベイサンズのアクセス・空港からはタクシー・電車

シンガポールのチャンギ空港からマリーナベイサンズのアクセスでは、タクシーや電車(MRT)などをご利用いただけます。

タクシーだと空港を使って30分程度ですが交通費は高めで、電車はかなり安く済みますが乗り換えが発生します。海外での交通移動であまり自信のない方は、タクシーの方がいいでしょう。

ちなみ、わたしはちょっと変わった移動をしていて…マレーシアから4~5時間かけてバスでマリーナベイサンズまで来ました。意外と行けるんですよね。いろんな国で楽しみたい方はぜひどうぞ。

マリーナベイサンズは雰囲気がよくホテルの部屋が豪華!

マリーナベイサンズに来てチェックインしようとしたら、宿泊客が凄く並んでいました。2000以上も部屋があるんだから当然か…と思っていたら、こんなサービスが!

フロントサービス

チェックインで待っている間、ホテル側からウェルカムドリンクやアイスなどをもらいました。さすがですね~

マリーナベイサンズの建物内|解放感があります!

クリスマスツリー

マリーナベイサンズの建物内は近代的な感じであり、広々としているのがよかったですね。わたしが行ったのは11月くらいでしたので、既にクリスマスツリーがありました。

オブジェ

ちょっとしたオブジェもかなり大きいです。横にも縦にも長くて、解放感があります!

建物内

少し上から撮った写真がこちらです。マトリックスみたいな世界観を感じました。ワクワクしますね!

ラグジュアリーな部屋に満足|ガーデンビュールームで楽しみました!

ホテル_ガーデンビュールーム

わたしが泊まった部屋がこちら。母親と行ったので、ツインベッドです。マリーナベイサンズを予約したのも、ちょっとした親孝行のシンガポール旅行でした。

ホテル_外の景色

部屋から見える外の景色も最高でした! こちらはガーデンビュールームで、10階~39階にあるタイプのお部屋です。わたしが泊まったのは33階でした。

そのほかにマリーナベイサンズでは、マーライオンなどがある金融街が見えるシティービュールームや、40階以上の高層階にあるハーバービュールーム、スカイビュールームもご用意されています。

シャワールーム

シャワールームも高級ホテル感があります。水(お湯)の勢いも問題なかったです。ホテルによっては全然出ないところもありますよね。

ただ、マリーナベイサンズにあるシャンプーなどのアメニティもハイグレードなものですが、水の質が日本と違うのであまり泡立たないかな…という感じはしました。

アメニティ

部屋のアメニティはこんな感じでそろっています。どこかでワインボトルを買って部屋で飲むのもいいですね~

マリーナベイサンズの魅力はインフィニティプール!

マリーナベイサンズのいいところはたくさんありますが、わたしは何といってもインフィニティプールの素晴らしさを伝えたいです!

インフィニティプールには、専用のエレベーターで行けます。わたしの場合は泊まっていた部屋(33階)から1つ上の階に行って、そのエレベーターで移動しました。

シンガポールの街を見渡せます!

インフィニティプール1

景色とプールの境界線がないように見えて、不思議な感じがしますよね。一望できるので、他の観光客もみんな写真を撮っていました。

インフィニティプール2

斜め横からの写真です。この先もずっとプールが続いています。屋上にある船のほとんどがプールになっているので、すごく横長ですね。

プールの端はどうなっているの?|落下の危険性は?

インフィニティプールを見て、『プールの端はどんな感じ?』だとか『落ちたりしない?』とか思う方もいるかもしれません。わたしも実際に行ってみて気になり、確認しました。

インフィニティプール3

実は、写真のように溝と落下防止の網がちゃんとあります。ちゃんと考えられているんですね。

なので、勢いよく泳いだりダイブしても、まず落ちることはないでしょう。コンクリートの溝や網にぶつかって、ケガはするかもしれませんが…

インフィニティプールは夜景も綺麗!

昼間もいいですが、夜のインフィニティプールも違った楽しみ方ができます!

夜のインフィニティプール1

高層ビルのイルミネーションが輝いていて、ロマンティックな雰囲気を味わえます。カップルもとても多かったですね。わたしは…母親が部屋で休んでいたので一人で来ましたが…

夜のインフィニティプール2

ですが、一人でも全然寂しく感じないくらい、夜景に夢中になっていました。マリーナベイサンズは素敵な空間です。

【動画あり】展望台もおすすめ|宿泊客であれば無料で行けます!

展望台

インフィニティプールに来たのなら、同じくマリーナベイサンズの屋上にあります展望台もおすすめです。展望台には、お土産やレストランなどのショップもあります。

展望台_景色

展望台からの景色もよかったですね。海に浮かぶサッカー場もありました。

わたしはサッカー、そんなに詳しくないのでわかりませんが、ここで日本代表戦をやってもいいのにと思ってしまいました。試合があったらぜひ観に行きたいです。

展望台_夜景1

わたしは夜景の方が好きですかね。ガーデンにある近未来的なオブジェが幻想的です。

展望台_夜景2

あまりにも綺麗だったので、外国の方に写真を撮ってもらいました。遠くにある金融街をバックに、自然(?)なポーズを決めるわたしです。

それと、マリーナベイサンズでは夜に水上ショーみたいなイベントもありました。ディズニーランドみたいなテーマパーク規模でやってくれるので、びっくりしました!

その時の動画がこちらです! 改めて観ると、またマリーナベイサンズへ行きたくなりますね…

マリーナベイサンズのショッピングモールも楽しめる!

ショッピングモール

統合リゾート施設であるマリーナベイサンズは、ショッピングも満喫できます。ショッピングモールで一日ずっと過ごせるほど、充実しているのではないでしょうか。

施設内だと雨の心配もないから、便利ですよね。また、シンガポールは年中暑いので、涼しい場所で楽しみたいならマリーナベイサンズのショッピングモールがおすすめです!

シンガポールの気候・雨季に関する記事も掲載しています!

シンガポールの雨季は11月〜2月|雨季での旅行が意外におすすめな理由
シンガポールの雨季は11月〜2月で特に強いスコールが発生しますが、比較的暑さが和らぐ時期でもあります。年中暑いシンガポールの中では過ごしやすい季節でもあるので、あえて雨季に旅行へ行くのも賢い選択だといえるでしょう!

ヴェネツィアのような街並みも見どころ満載!

水路

びっくりしたのが、ショッピングモールに大きな水路があったことです。ボートで移動する観光客もいました。

昔に訪れたイタリアのヴェネツィアみたいで、歩いているだけでも見るところがたくさんありましたね。

噴水

こちらは噴水です。水族館のショースペースくらい大きかったです。本当に水の都みたいな感じでした!

ショッピングモール_お店

もちろん、ショッピングの方も満足しました。有名ブランドもそろっているので、ここで一通りお土産を調達できますね。

それ以外にもシンガポールの土産をお求めなら、リトルインディアにも行く価値がありますよ! マリーナベイサンズから電車で行ける近さなので、全然寄れますね〜

シンガポールにあるインドの街・リトルインディアの観光レビュー!
シンガポールにあるリトルインディアは、独特なインドの街として有名です。派手な装飾で観光客に人気なスリ・ヴィラマカリアマン寺院や、ショッピングモールとして便利なムスタファ・センターなど魅力的なスポットが多いので、シンガポール旅行ではぜひ寄ってみてください!

フードコードでの食事もおすすめ!

ショッピングモールにはフードコードもあり、食事も楽しめます。ホテル内にあるレストランの価格は割と高めなので、節約したい方はフードコードを利用するといいですよ!

フードコート1

パインの入ったヌードルです。フードコートといっても日本のとは違い、料理のクオリティは高く美味しかったです。

フードコート2

こういった感じで、日本人の舌に合うアジアンフードが多いため、食べ物に困ることはありません。

また、価格は1品あたり800円程度で、ホテルのレストランと比較すると半分くらいの値段になると思います。こう考えると逆に、マリーナベイサンズのホテルは高級志向だなって感じました。

また、シンガポールのグルメを楽しむならミシュラン1つ星グルメもおすすめですね。実際に行ってきまして、食レポを掲載しています〜

シンガポールのミシュラン1つ星グルメ|タイホア・ポークヌードルの食レポをご紹介!
ミシュランガイド1つ星を獲得したシンガポールの屋台、ヒルストリート・タイホア・ポークヌードルでは、豚のひき肉と豚のレバーが入ったバクチョーミーが有名です。シンガポール旅行で実際にバクチョーミーを食べてきましたので、食レポや感想について書きました!

マリーナベイサンズのカジノ|初心者でも遊べます!

ホテルやプール、ショッピングモールについてご紹介しましたが、マリーナベイサンズにはカジノもあります!

むしろ、カジノ目的でマリーナベイサンズへ来る観光客もいるそうでして、大金を稼ぐギャンブラーにとってもマリーナベイサンズは魅力的なスポットだといえるでしょう。

マリーナベイサンズ_カジノ

カジノは広く、こちらはブラックジャックやポーカーなどのテーブルゲームのフロアです。わたしは全然ギャンブルしたことないので、怖くてゲームに入れませんでしたが…

ただ、カジノにはテーブルゲーム以外にも簡単なスロットもあるので、雰囲気だけを味わいたい方はそちらがおすすめです。

わたしもスロットに挑戦しました。残念ながら、その時の写真はありません。カジノ内では写真が撮りづらく、一回警備員みたいな方に『あまり撮るな』と止められてしまいましたので…

キャッシャー

こちらが換金場所です。わたしはスロットで負けてしまいましたので、見ただけでした。

カジノに行ってみて思ったのが、やっぱり大人の遊び場ということですね。他のプレイヤーを見てみると、一回のプレイで100シンガポールドル(約8,000円)を普通に使っている人もいて、それを何十回もゲームしているのですから、潤沢な資金を用意されているのでしょうね。

マリーナベイサンズからマーライオンも近い!

シンガポールの名所として、マーライオンがありますよね。実は、マリーナベイサンズのホテルから歩いて15~20分くらいでマーライオンへ行けるので、こちらもぜひ訪れてみましょう!

遊歩道

マリーナベイサンズからマーライオンへ行くまでのルートも、写真で残しておきました。遊歩道もスタイリッシュでしたので。

マーライオン

遠くからでもマーライオンを確認できます。ちゃんと水を吐いてますね~

驚いたのが、金融街の近くにあるということでした。行ってみないとわからないものですね。

マーライオン_2ショット

マーライオンのそばまで来て、2ショットを撮ってもらいました。実際見てみると、思っていたほど大きくないんですよね。調べてみると、8メートルほどでした。

マーライオン_別アングル

別アングルのマーライオンです。奥の方にいますが、観光客がたくさん集まっていましたね。

小さなマーライオン

それと、あまり知られていないことですがマーライオンの後方には小さなマーライオンもいます。和みます。かわいかったですね~

マーライオンについては以下の記事でもご紹介しています。シンガポールにあるマーライオンでは、セントーサ島のマーライオンタワーが一番大きいですよ!

マーライオンの大きさ・高さについて|シンガポールにマーライオンは複数ある?
シンガポールにマーライオンの大きさは一番大きいもので37mありますが、シンガポール観光の定番になっているマーライオン公園にあるものは8m程度です。マーライオンは一つだけでなくいくつか種類があるので、おすすめのスポットをそれぞれご紹介します。

まとめ|マリーナベイサンズには何度も行きたくなる!

1年前の旅行記みたいな感じでマリーナベイサンズを紹介しましたが、

お金をためて、またマリーナベイサンズに行きたい!

と、この記事を書きながらずっと思っています。様々な魅力が詰まったリゾート地でして、ここだけで何日も過ごせますね。

ただ、シンガポールの物価が比較的高いこともあり、宿泊費も食事なしで1泊3~4万円程度かかるので、旅行資金を貯めておかないと厳しいかもしれません。

でも、そこまでのお金を使う価値は絶対にあります。みなさんもシンガポール旅行では…または初海外でも、ぜひマリーナベイサンズをご検討くださいませ! 時差も日本よりマイナス1時間だけと行きやすいので、おすすめです〜

シンガポールと日本の時差は1時間!|時差が少ないのは経済的理由?
シンガポールと日本の時差は1時間で、日本の方が進んでいます。ただ、シンガポールという国は本来であればもっと長い時差が生じる位置にあるようですが、経済や政治的な要素が絡んで標準時が調整されているようです。

シンガポールを旅行先にするメリットとして、治安が良いこともあるでしょうね。マリーナベイサンズなど人の多い宿泊地でも割と安全なので、安心できます。

シンガポールの治安は日本よりも良い?|最新の治安情報・旅行での注意点
シンガポールの治安は良く、世界平和度指数や殺人発生率などを参考にすると日本と同程度かそれ以上の安全性が見られます。ただ、比較的お金を所持している日本人は海外旅行で狙われやすいので、治安の良いシンガポールでも防犯対策など気をつけておきましょう。

ただし一つ注意点としまして、シンガポールでは日本と異なる罰金制度があります。例えば、ゴミを捨てるだけで罰金の対象になってしまいますので、マナーはきちんと守りましょう!

シンガポールの罰金制度は厳しい!|ゴミのポイ捨てをすると罰金処分です
シンガポールの罰金制度は厳しく、ゴミのポイ捨てやチューインガムの持ち込み、電車内の飲食などでも罰金を取られる可能性があります。シンガポール旅行で警察に捕まらないために、罰金の対象になる行為についてまとめました!