パスポートの署名(サイン)は漢字でもローマ字でもOK|基本的な書き方まとめ

Travel
この記事の所要時間: 420

パスポートを新しく発行する際、申込書に自分の署名(サイン)を書く欄がありますが、『海外で使うから名前をローマ字で書いた方がいいのでは?』と感じる人もいますよね。

結論から言うと、パスポートの署名はローマ字と漢字(日本語)、どちらでも認められます。日本ではやはり漢字でサインする方が多いですが、ローマ字で署名するメリットもあるようなので、パスポートの申込書に記載する署名のルールとあわせて確認していきましょう。

スポンサーリンク

パスポートの申請書に署名(サイン)をする必要があります

パスポートを発行する際に提出する申請書には、以下画像のように『所持人自署』という欄があります。ここの署名では、申請者本人が原則書くことになります。

パスポートの申請書・所持人自署の欄

基本的には、所持人自署欄にある点線より上の枠内で自分の名前を書けばOKですが、パスポートを発行する人がサインできない場合において、特例が認められています。

赤ちゃんのパスポート発行では法定代理人(親権者)の名前を書く

パスポート申請者が署名できないケースでは、赤ちゃんのパスポート発行がよくあるでしょう。0歳児の赤ちゃんでも海外へ行く際にはパスポートが必要なため、御家族での海外旅行では親がパスポート発行の手続きを代理で行います

赤ちゃんもパスポートが必要!|申請書類・証明写真の撮り方など解説!
赤ちゃんでも海外旅行の際にはパスポートが必要になりますが、申請時には必要書類や証明写真の用意など気になることがありますよね。こちらのページにて、赤ちゃんのパスポート申請で必要な書類一式や手続きの注意点などをまとめましたので、ご参考ください!

赤ちゃんのパスポート申請における署名では、所持人自署欄にある点線より上の枠内に赤ちゃんの名前をサインして、点線より下の空白へ法定代理人である親の名前と申請者との関係(父、母など)を書くことが決められております。

申請者で書いたサインはそのままパスポートへ転写

申請書で記載したサインは、そのままパスポートへと転写されます。パスポートを開いて最初のページにて、所持人自署という欄に表記されています。

パスポートには申請書の署名がまんま写っているので、申請書では綺麗にサインをした方がいいですね。私はいつも通り雑に書いてしまったので、ちょっと後悔しています。。。

パスポートの署名(サイン)は漢字でもローマ字でもOK

パスポートに転写される署名については冒頭でもお伝えした通り、漢字とローマ字の両方で認められます。

自筆サインでは必ずフルネームを入れるという規定もないため、例えば『やまだたろう』という人名の場合、

  • 山田太郎(漢字)
  • YAMADA TARO(ローマ字)
  • ヤマダダロウ(カタカナ)
  • Y. TARO(一部省略)

どのような形でも本人によるサインであれば、問題ありません。いかにもサインという感じな筆記体でもOKです。

ローマ字で署名するメリット|クレジットカードでの支払いが確実

ただ、パスポートの署名をローマ字にしておくと、海外でのクレジットカード払いで多少安心できます。

というのも、海外ではクレジットカード決済をする際に身分証としてパスポートの提示も求められる場合があり、パスポートの署名が漢字だと『クレジットカード所有者と違う』と思われ、支払いが拒否されてしまうケースもあるからです。

絶対に拒否されるという訳でもありませんが、海外旅行でクレジットカードを頻繁に使う場合には念のためクレジットカードの署名とあわせてローマ字にしておくといいでしょう。

漢字で署名するメリット|中国など漢字を使う国では認識してもらいやすい

上記の身分証提示のケースと関連しますが、逆に漢字を多用する中国では認識してもらいやすいので、中国への渡航が多い場合では漢字での署名がいいかもしれませんね。

また、航空券に自分の名前が漢字で表記されている場合、本人確認がスムーズになります。パスポートには自分のサインだけでなく、名前と名字のローマ字が載っている欄もあるため、漢字で署名をしておけばパスポートでの本人確認が確実になります。

まとめ|海外旅行で使うパスポートは署名以外でも重要なことがあります!

パスポートの署名における書き方やルールについて解説しましたが、それ以外でも知っておくべきことがあります。

例えば、新規でパスポートを申請する場合には有効期限が5年と10年の2種類から選択しますが、基本的には10年の赤いパスポートがいいでしょう。その理由については、以下の記事で説明しています。

パスポートは10年が赤色・5年が紺色|基本的に10年がおすすめ!
日本のパスポートは10年用と5年用の2種類があり、一般的なデザインである赤色が10年用です。紺色の5年用パスポートも申請できますが、基本的は10年用パスポートの方がいいでしょう。それぞれ申請費用やページ数など違う点があるので、比較して紹介します。

また、パスポートを海外で紛失した場合や、更新を忘れてしまい期限切れになってしまった際の手続きも確認しておくといいですね。

パスポートを紛失した場合の手続きと対処法|海外での申請方法まとめ
海外旅行でパスポートを紛失した際には、新たにパスポートを作ってもらう(再発行)か、渡航書を申請しないと日本へ戻れません。いずれの手続きでも、警察署と日本大使館で必要な書類を発行してもらう必要があるため、海外旅行へ行く前の事前知識としておさえておきましょう。
期限切れになったパスポートは?|更新を忘れた場合は新規申請の手続きで!
更新するのを忘れてしまいパスポートが期限切れになった場合、新規申請の手続きでパスポートを発行してもらいます。こちらのページでは、パスポートの新規申請で必要な書類や、申請時に気をつけるべきことなどをまとめました。

その他にもパスポートに関する記事を掲載しておりますので、参考までにどうぞ!

日本の国内線ではパスポート不要|ただし海外の国内線では必要です
日本の国内線では基本的に、パスポートを持参する必要はありません。ただ、身分証明書代わりで普段からパスポートを使っている場合や、海外の国内線では必要になってきます。日本と違って海外の国内線はセキュリティ管理が厳しく、パスポートの提出が義務付けられています。
日本のパスポートが世界最強に|各国のパスポートランキング【2019年2月更新】
日本のパスポートが世界最強と言われている理由として、2019年2月時点でビザなしで渡航できる国(または地域)が合計で190ヵ国で、世界一になったということがあります。各国のパスポートランキングや日本のパスポート事情について、こちらのページでご紹介します。