カナダ英語とアメリカ英語の違い|カナダ英語はスペルと発音が異なる?

Canada
この記事の所要時間: 545

カナダ英語はアメリカ英語と比較して、スペルや単語の使い方、発音などで異なる部分があります。割とイギリス英語寄りの要素を持っているカナダ英語は、聞き取りやすい部類です。

公用語が英語のほかにフランス語もあるカナダへの旅行や留学では、独特なカナダ英語について知っておくとコミュニケーションや語学で役に立つでしょう。こちらのページではカナダ英語とアメリカ英語の違いについて紹介していくので、ご参考ください!

★当サイトの運営者・KyokoさんはTOEIC900点オーバーの英語上級者ですが、彼女がおすすめする英会話教室がございます。

【麻布十番の英会話教室】ニック式英会話で英語が話せる!【生徒レビュー】
麻布十番にある英会話教室・ニック式英会話のレッスンを受けたレビューについて、紹介しています。他の英会話教室と違って、「本当に話せる」英会話を学ぶための独自カリキュラムが面白く、英語初心者の方でもニック式英会話に通えば話せるようになります!

話せる英語についてすごくわかりやすく理解できるので、おすすめです!

スポンサーリンク

▼飛行機の予約はエクスペディアが格安!▼ 

カナダ英語とアメリカ英語の特徴について

最初にカナダ英語とアメリカ英語の特徴について、まとめました。一般的に日本の学校で習う英語は、アメリカ英語だとされています。

カナダ英語はクセのないニュートラルな特徴&イギリス英語の要素もあり

カナダ英語はアメリカ英語と比べて聞き取りやすく、クセは少ないです。一部の発音とスペルはイギリス英語に近い要素があるため、学校で習った英単語の綴(つづ)りと違っても、聞いてみると割と理解できる傾向にあります。

また、カナダ英語の大きな特徴として『~eh?』があります。『~eh?』は『~don’t you?』などの付加疑問文として、『〜でしょ?』といった共感を得る時に使います。

発音は、語尾を上げるように『エイ?』と言います。『~right?』と言う感覚で使う言葉なので、カナダ英語ではよく出てくるスラングですね。

アメリカ英語は短縮形(リエゾン)が特徴

アメリカ英語では本来の発音から変化することが多く、単語同士をくっつけるように早口で話すリエゾンが大きな特徴です。言葉を短縮形にするアメリカ英語の一例は、以下の通りです。

  • I want to~ (〜したい)→ I wanna~
  • I’m going to~(〜するつもりだ)→ I’m gonna~
  • I have to~(〜しなければならない)→ I hafta~

このあたりの短縮形は学校では習いませんが、アメリカ英語としては頻出します。高速でペラペラしゃべるので、本場のアメリカ英語はなかなか聞き取りづらいこともあるでしょう。

カナダ英語とアメリカ英語における単語の違いは?

カナダ英語とアメリカ英語では、特定のモノを意味する単語の使い方が違うこともあります。

例えば、カナダ旅行にて現地の人に『トイレはどこですか?』と聞きたい場合、『Where is the bathroom?』と英語で言っても通じないこともあるのです。

なぜなら、カナダではトイレを『bathroom』ではなく『washroom』と使うのが一般的なので、すんなりと理解されないことが考えられるからです。

このように、同じモノでもカナダとアメリカでは対応する英単語が異なります。特に海外旅行で使いそうな単語について、カナダ英語とアメリカ英語でまとめました!

日本語カナダアメリカ
トイレwashroombathroom(restroom)
1ドルlooniedollar
エレベーターliftelevator
蛇口tapfaucet
ナプキンserviettetable napkin
駐車場parkadeparking garage
炭酸飲料popsoda

エレベーター(elevator)もカナダでは通じず、リフト(lift)が一般的になっています。このようにボキャブラリーがカナダとアメリカで、微妙に異なります。

カナダ英語とアメリカ英語におけるスペルの違いは?

ボキャブラリーのほか、英単語のスペルもカナダ英語とアメリカ英語で一部違いがあります。スペルに関してカナダ英語はイギリス英語寄りの特徴があり、例えば『or』や『er』で終わる英単語が『our』や『re』と表記されることがあります。

日本語カナダアメリカ
小切手chequecheck
colourcolor
flavourflavor
中心(中心地)centrecenter
メートルmetremeter
繊維fibrefiber
麻痺するpararyzeparalyze
お気に入りfavouritefavorite

カナダで見る英語の文章で『綴りが違うんじゃないの?』と思うケースもありますが、カナダ英語ととしては間違いなく、日常的に使用されています。

カナダ英語の発音にも特徴があります!

英語を話している男女のイメージ

カナダ英語は発音もアメリカ英語と違いあり、その例を以下でまとめました。それぞれのネイティブが話す英語は差が出ます。

カナダアメリカ
Zの発音ゼッドジィー(zii)
oの発音『オ』に近い音『ア』に近い音

『o』の音もアメリカ英語では口を大きく開けて『ア』に近い音で発音するのに対し、イギリス英語では口をすぼめて『オ』に近い音を出します。

同じ英語でも国によっていろいろ違いがありますが、アメリカ英語との違いを意識してカナダ英語を聞いてみると勉強になるかもしれませんね!

ほかにもカナダでは一部地域においてフランス語も日常的に使われているため、語学留学でも人気のある国になっています。

カナダではフランス語と英語が使えます|フランス語が公用語である理由は?
カナダの公用語はフランス語と英語の両方があり、ケベック州などの特定の地域を中心にフランスが浸透しています。それにはフランスの植民地であった歴史的背景がありますが、カナダのフランス語事情について見ていきましょう。

カナダ旅行ではナイアガラの滝を始め、楽しめる観光スポットが多くあるためカナダ英語を軽く覚えればより快適な旅になります。当サイトでもカナダの観光地を紹介しているので、あわせてお読みいただければ幸いです!

ナイアガラの滝へ実際に行ってきました!|おすすめスポットまとめ
ナイアガラの滝は真近で見られることができるスポットが多く、とても楽しめます! 実際に行った時に撮ったナイアガラの滝の写真とあわせて、絶景スポットや遊覧船でのレビューについてご紹介していきます〜
ナイアガラのホテル・マリオットのレビューと魅力【実際に行ってきました!】
ナイアガラのホテル・マリオットについて実際に泊まってきて、ナイアガラの滝の絶景を楽しめました! カナダ側からのナイアガラの滝を間近で見れるマリオットについて、写真とあわせて魅力やレビューをまとめましたのでご参考ください!
ナイアガラの滝での転落事故はほとんどない?|過去事例から考える危険性
ナイアガラの滝での転落事故は発生していますが、意図的に飛び込む自殺者と比較したらかなり少ないです。ただ、跨げる程度の低い柵であることから、過去に日本人留学生が落下して死亡した事例もあります。

話す英語はそれぞれの国によって異なり、シンガポールでも独自の英語・シングリッシュが一般的です。詳しくは以下の記事で!

シンガポールで英語は通じる?|独特な英語・シングリッシュについて解説
シンガポールでは英語を話す機会は多く、独特の英語・シングリッシュが利用されています。シングリッシュは通常の英語と比べて話しやすい特徴もあるため、シンガポール旅行の際はぜひ使ってみるといいですよ!

▼飛行機の予約はエクスペディアが格安!▼ 

Canada
スポンサーリンク
Kazをフォローする
TabiTimes -旅タイムズ-