カナダではフランス語と英語が使えます|フランス語が公用語である理由は?

Canada
この記事の所要時間: 428

カナダでフランス語が公用語になっていることについて、知らない方も多いのではないでしょうか。私も調べるまでは知らず、意外でしたね。アメリカの隣国で英語圏だったので、普通に英語だけかと思いました。

フランス語をしゃべれなくても英語で対応できますが、ケベック州など一部地域ではフランスが第一言語になっているため、英語があまり通じず驚く観光客もいるようです。

こちらのページではカナダのフランス語事情について解説していきます。これからカナダ旅行を計画する方は、ぜひご参考ください!

また、フランス語のほかカナダ英語についても別ページでご紹介しています。こちらもアメリカ英語と異なるなど、興味深い点が多くありますね。

カナダ英語とアメリカ英語の違い|カナダ英語はスペルと発音が異なる?
カナダ英語はアメリカ英語と比べて、ボキャブラリーやスペル(英単語の綴り)のほか、発音も異なる点があります。通じそうな英単語もカナダでは通じないことがあるため、カナダ英語の特徴を知っておきましょう!
スポンサーリンク

▼飛行機の予約はエクスペディアが格安!▼ 

カナダで特にフランス語が使われている地域について

カナダは英語とフランス語の両方を公用語として認められています。全部で10の州がありますが、州によって公用語の指定が異なるようです。

2つの州がフランス語を公用語として認めている

カナダでは8州が英語だけを公用語に指定されていますが、他の2州ではフランス語の利用率が高く、公用語として指定されています。

  • ケベック州|フランス語が公用語
  • ニューブランズウィック州|フランス語と英語が公用語

ですので、フランス語が公用語になっているといっても、カナダ全地域でバイリンガルがいる訳ではありません。

ケベック州・モントリオールではフランス語での留学でも人気が高い

モントリオールの街の様子・夜景

フランス語が公用語になっているケベック州の最大都市・モントリオールでは、フランス語の留学先として人気があります。フランス語だけでなく英語もある程度学べるので、語学留学として適しているでしょう。

ケベックシティも観光地でおすすめ!

ケベックシティの街の様子・海と街

また、ケベック州の州都・ケベックシティも街の雰囲気が独特で、北米にいることを感じさせないフランス風の城塞が多いです。

モントリオールと比較すると人口は少なく小さな街ですが、1985年にユネスコの世界遺産になっており、観光できる場所がたくさんあるのでおすすめです! 美しいフランス文化を感じられますね。

カナダでは公共の場所でフランス語が出てきます

上記で紹介しましたケベック州のほか、カナダ最大都市であるトロントのピアソン国際空港でも、英語とフランス語の両方でアナウンスが流れます。

他にも標識や地図案内など公共の場でも、フランス語表記が普通になっていたり、食品な飲み物のラベルもフランス語で書かれていたり、あらゆる所でフランス語が出てきます。

また、公共の放送局でも英語とフランス語の両方で放映していたり、カナダ全域の役所でフランス語が話せる職員がいたり、フランス語だけで英語が話せない住民でも問題なく暮らしていけるような環境になっています。

北米の英語圏でありながらフランス文化にも触れられるという点で、観光や留学でより充実するのはいいことですが、そもそもフランス語が広まった経緯は何かということについて次で見ていきましょう。

カナダでフランス語が広まった理由には歴史的背景が

カナダでフランス語が公用語になったのは、16世紀からの歴史的背景があります。16世紀にセントローレンス湾からフランス人が入植したことにより、カナダが建国されてフランス領となりました。

その後17世紀はじめには、フランスの探検家であるサミュエル・ド・シャンプランが今のカナダの土地にて、植民地ケベックを建設しました。

その後は英仏戦争によりイギリスの統治下になり、1931年のウェストミンスター憲章でカナダは完全な独立をします。カナダの独立は意外と最近の話でしたね。

ケベック州はフランスの植民地であったため、現在でもフランス語を中心に浸透しました。ケベック州が北米のヨーロッパと呼ばれている所以が、他国からの統治にあります。

まとめ|カナダ旅行ではフランス文化にも触れられるチャンス!

ナイアガラの滝のアップ

カナダという国は多国籍な文化があり、留学のほか観光でも充実した海外旅行になるでしょう。北米だけでなくフランスの文化を感じることができるチャンスがあるので、これまでカナダに対してあまり興味が無かった方でも、カナダ旅行へ行きたくなるかもしれませんね。

それと、カナダでは名所であるナイアガラの滝もおすすめです。実際にナイアガラの滝へ行ってきたレビューもあるので、あわせてお読みいただければ幸いです。

★ナイアガラの滝に関する記事はこちら!

ナイアガラの滝へ実際に行ってきました!|おすすめスポットまとめ
ナイアガラの滝は真近で見られることができるスポットが多く、とても楽しめます! 実際に行った時に撮ったナイアガラの滝の写真とあわせて、絶景スポットや遊覧船でのレビューについてご紹介していきます〜
ナイアガラのホテル・マリオットのレビューと魅力【実際に行ってきました!】
ナイアガラのホテル・マリオットについて実際に泊まってきて、ナイアガラの滝の絶景を楽しめました! カナダ側からのナイアガラの滝を間近で見れるマリオットについて、写真とあわせて魅力やレビューをまとめましたのでご参考ください!
ナイアガラの滝での転落事故はほとんどない?|過去事例から考える危険性
ナイアガラの滝での転落事故は発生していますが、意図的に飛び込む自殺者と比較したらかなり少ないです。ただ、跨げる程度の低い柵であることから、過去に日本人留学生が落下して死亡した事例もあります。

それと、当サイト運営者のKyokoさんは英語ペラペラで、セブ島の留学経験のほか現在では、ニック式英会話というスクールで学んでいます。英語を話せるようになりたい方は、ぜひお読みください!

【麻布十番の英会話教室】ニック式英会話で英語が話せる!【生徒レビュー】
麻布十番にある英会話教室・ニック式英会話のレッスンを受けたレビューについて、紹介しています。他の英会話教室と違って、「本当に話せる」英会話を学ぶための独自カリキュラムが面白く、英語初心者の方でもニック式英会話に通えば話せるようになります!

▼飛行機の予約はエクスペディアが格安!▼ 

Canada
スポンサーリンク
Kazをフォローする
TabiTimes -旅タイムズ-