マリーナベイサンズが傾くのは本当?|倒壊の噂や危険性について

Singapore
この記事の所要時間: 524

シンガポールで有名なホテルであるマリーナベイサンズは、写真や実物を見ていただくとすぐに分かりますが、傾いているのは事実です。三つあるビルの上に長い船が乗っかっている、という特徴はよく知られているかもしれませんが、建物自体が傾くことに知らず驚く観光客もいるようです。

マリーナベイサンズの建設状況など調べてみると、ネット上で倒壊の噂や危険性についても問われているようですが、実際のところどうなのかまとめてみました。

スポンサーリンク

▼海外旅行予約はエクスペディアがお得!▼ 
😆【航空券&ホテルを同時予約】
エクスペディアの公式サイト😆

▼海外旅行予約はエクスペディアがお得!▼ 
😆【航空券&ホテルを同時予約】
エクスペディアの公式サイト😆

マリーナベイサンズは本当に傾いている

マリーナベイサンズ_外観1

上の写真がマリーナベイサンズの外観です。当サイト・TabiTimesを運営しているもう一人のライター・Kyokoさんに撮ってもらったものですが、3つある建物の下部分が『入』のような形になっています。

傾きは52度|ピサの斜塔の10倍!

マリーナベイサンズは高さ200m、57階建ていった高層ビルですが、これだけ大きな建物がなんと傾斜角52度で建築されました。

傾く建物で比較すると、有名な建造物・ピサの斜塔が挙げられます。ピサの斜塔も目に見えて傾いていることが分かりますが、それでも傾斜角は5.5度です。

つまり、マリーナベイサンズはピサの斜塔の10倍近く傾いているといえます。これだけ大きな建造物をよく造れるなと感じてしまいます。

マリーナベイサンズ_外観2

間近で見ると、改めてその凄さがわかります。かなり傾いているというより、ぐにゃりと曲がっていますね。

設計がかなり困難で大手ゼネコンも辞退

案の定、こんなにも傾いている大規模な建物を簡単に造れるはずがありません。日本の清水建設やフランスのVINCIなど、大手ゼネコンでも安全面の保障が難しく、入札を辞退したとのことです。

その中で工事の受注をしたのは、韓国の双竜(サンヨン)建設です。困難な設計を引き受けただけでなく、本来の適正工期で5年近くかかるところを、約2年半(27ヵ月)で建て終えました。

2019年3月追記:重慶版マリーナベイサンズが建設予定

シンガポールのほか、中国の重慶市にもマリーナベイサンズを真似た複合商業施設が2020年に建てられる予定です。重慶版のマリーナベイサンズは『ラッフルズシティ重慶』という名称ですが、8棟の高層ビルが建ち、そのうち4棟の上にマリーナベイサンズのような船が乗せられるとのことです。

引用元:日本貿易振興機構(ジェトロ)重慶版マリーナベイサンズが完成間近!?(中国)

上の引用写真は建設途中のものですが、ラッフルズシティ重慶には地下鉄やフェリーターミナル、バスターミナルなども直結するようで、アクセスはバッチリですね。

写真で見る限り、ラッフルズシティ重慶はマリーナベイサンズのように傾く設計ではありませんね。ただ、船が乗るのはたとえ真っ直ぐな建物でも、かなりの技術が必要だと思われます。

倒壊の噂が出ているのは建設した韓国のゼネコンが影響

ネット上でマリーナベイサンズが倒壊するのでは…という噂が出ているのは、実際に傾いている建物の設計だけでなく、韓国のゼネコン評判が関係しています。

韓国ゼネコンが携わった建造物で事故が多発

今回のマリーナベイサンズに限らず、韓国のゼネコンでは大規模な建築で、予定工期よりも早く工事を終わらせる傾向にあります。

その理由としては、短期の施工により追加報酬(インセンティブ)を得る、ゼネコン側の目的があります。実際、マリーナベイサンズで双竜建設は追加で数十億円程度のインセンティブを受取りました。

ただ、かなり無理な工事計画なので、韓国ゼネコンが関与している建物で崩壊事故が多発しているのも事実です。やはり、危険性という問題が浮き彫りになっています。

双竜建設も過去に事故を起こしている

双竜建設も同じく、過去の崩落事故に関わっています。

インドネシアの首都・ジャカルタにある証券取引所ビルの中2階部分が崩落した事故が2018年1月に発生しましたが、こちらの証券取引所は双竜建設が施工したものです。

参考:インドネシア証券取引所ビル、中2階崩落で77人負傷

このような不安な前例があるため、双竜建設が建てたマリーナベイサンズも倒壊するのでは…または、その前に取り壊しになってしまうのでは…と、懸念の声が広がっているのでしょう。

また、マリーナベイサンズは2009年に完工しましたが、その約5年後の2014年に双竜建設が倒産してしまいました。これも双竜建設に限らず、韓国のゼネコン全体で倒産が相次ぎ、業界的に縮小の傾向にあります。

それでもマリーナベイサンズに行くべき理由・魅力

建物が傾いていたり、携わったゼネコンが過去の崩壊事故に関わっているネガティブな情報もありますが、『マリーナベイサンズに行くのはやめよう』という気持ちにはなりません、というのが本音です。

実際にシンガポール旅行にてマリーナベイサンズで宿泊したKyokoさんも、凄く満足されていました。

インフィニティプール

写真もいろいろ見せてもらいましたが、一番の魅力は屋上にあるインフィニティプールです。絶景は昼間だけでなく夜景でも楽しめます。詳しくは『マリーナベイサンズの宿泊レビュー』の記事でも紹介しているので、こちらもぜひご覧ください!

マリーナベイサンズの宿泊レビュー|ホテル・プールの魅力をご紹介!
マリーナベイサンズ(Marina Bay Sands)はシンガポールの中でも随一の総合リゾートホテルで、屋上にあるインフィニティプールや併設してあるカジノなど楽しめる場所が多くあります。実際にマリーナベイサンズに泊まってきた感想・レビューを、写真とあわせてご紹介します!

ほかにもマリーナベイサンズのおすすめポイントとして、

  • 大型ショッピングモールでたくさん買い物できる
  • ベネツィアみたいな雰囲気(水路)がいい
  • フードコートで比較的安く食事できる
  • ホテルのカードキーがあれば無料で展望台へ行ける

など様々な楽しみ方ができるので、シンガポール旅行でマリーナベイサンズに行く価値は充分にあるでしょう!

シンガポール旅行の関連記事はこちら!

シンガポールのミシュラン1つ星グルメ|タイホア・ポークヌードルの食レポをご紹介!
ミシュランガイド1つ星を獲得したシンガポールの屋台、ヒルストリート・タイホア・ポークヌードルでは、豚のひき肉と豚のレバーが入ったバクチョーミーが有名です。シンガポール旅行で実際にバクチョーミーを食べてきましたので、食レポや感想について書きました!
シンガポールの治安は日本よりも良い?|最新の治安情報・旅行での注意点
シンガポールの治安は良く、世界平和度指数や殺人発生率などを参考にすると日本と同程度かそれ以上の安全性が見られます。ただ、比較的お金を所持している日本人は海外旅行で狙われやすいので、治安の良いシンガポールでも防犯対策など気をつけておきましょう。
シンガポールと日本の時差は1時間!|時差が少ないのは経済的理由?
シンガポールと日本の時差は1時間で、日本の方が進んでいます。ただ、シンガポールという国は本来であればもっと長い時差が生じる位置にあるようですが、経済や政治的な要素が絡んで標準時が調整されているようです。
マーライオンの大きさ・高さについて|シンガポールにマーライオンは複数ある?
シンガポールにマーライオンの大きさは一番大きいもので37mありますが、シンガポール観光の定番になっているマーライオン公園にあるものは8m程度です。マーライオンは一つだけでなくいくつか種類があるので、おすすめのスポットをそれぞれご紹介します。
シンガポールの罰金制度は厳しい!|ゴミのポイ捨てをすると罰金処分です
シンガポールの罰金制度は厳しく、ゴミのポイ捨てやチューインガムの持ち込み、電車内の飲食などでも罰金を取られる可能性があります。シンガポール旅行で警察に捕まらないために、罰金の対象になる行為についてまとめました!