シンガポールで英語は通じる?|独特な英語・シングリッシュについて解説

Singapore
この記事の所要時間: 544

シンガポールはいわゆる多民族国家で、国語であるマレー語のほか英語も利用されています。ですので、シンガポールのホテルや空港などでは普通に英語が通じます。

Kyoko
Kyoko

ただ、シンガポールの英語には独特ななまりとかクセがあります。シングリッシュと呼ばれるものですね。

Kaz
Kaz

シングリッシュは、普通の英語と比べて難しそうですか?

Kyoko
Kyoko

そうでもなさそうでしょうか。わりとシンプルで、本来の文法から違っても通じるから知っておけば楽かもしれませんね。マジやばたにえん〜

Kaz
Kaz

そうですか。

こちらのページでは、シンガポールの英語事情とあわせて独特の英語文化・シングリッシュについて解説していきます!

スポンサーリンク

▼飛行機の予約はエクスペディアが格安!▼ 

シンガポールの英語事情|4ヶ国語が利用されています

2017年時点でおよそ560万人ほどの人口であるシンガポールでは、複数の民族がいることで4ヶ国語も利用されています。外務省で公表されているシンガポール共和国の基礎データを参考に、詳しく見ていきましょう。

シンガポールの民族構成|中華系の人口が4分の3

シンガポールの民族構成では中華系、マレー系、インド系の3種類に分類されます。

  • 中華系:74%
  • マレー系:13%
  • インド系:9%

参考:外務省 シンガポール共和国(Republic of Singapore)基礎データ

中華系の方々が一番多く、シンガポールの全体人口の4分の3を占めます。英語も通じますが、以下で紹介しております通り中国語も比較的話せる人が多いですね。

シンガポールの国語・公用語|ビジネスでは英語を中心に使用

シンガポールの国語はマレー語ですが、公用語ではマレー語のほか英語、中国語とタミール語の計4ヶ国語があります。

日々の生活ではマレー語や中国語も利用されていますが、ビジネスシーンになると英語の使用頻度はかなり多くなります。英語を使った仕事を海外でしたい方には、シンガポールはわりと良い環境だといえるでしょう。

シンガポールの教育体制でも、母国語と英語の両方を学ぶため英語を話せる人が多いとされています。国によって英語の習得度合いなど異なり、ほかの記事でも詳しく解説しています。

カナダではフランス語と英語が使えます|フランス語が公用語である理由は?
カナダの公用語はフランス語と英語の両方があり、ケベック州などの特定の地域を中心にフランスが浸透しています。それにはフランスの植民地であった歴史的背景がありますが、カナダのフランス語事情について見ていきましょう。
韓国旅行で英語や日本語は通じるか?🤔|韓国の英語事情について解説!😊
韓国旅行🇰🇷で英語や日本語が通じるかどうかについてですが、基本的に韓国で英語が通じる人の割合は日本と同じ程度です。日本人観光客がよく行く都市のホテルやレストランでは、英語だけでなく日本語も通じますが、念のため韓国語の簡単な挨拶も覚えておくといいでしょう!

多言語の環境によりシンガポール独自の英語・シングリッシュが生まれました

マレー語や中国語など多くの言語を話すことから、英語も少なからず他言語の影響を受けて言い回しなどが変化していきました。

その結果、シングリッシュ(Singlish)という独自の英語が浸透しましたが、シンガポール旅行では使う機会もあるので覚えていくといいでしょう!

★シンガポール旅行で役立つ記事はこちら!

マリーナベイサンズの宿泊レビュー|ホテル・プールの魅力をご紹介!
マリーナベイサンズ(Marina Bay Sands)はシンガポールの中でも随一の総合リゾートホテルで、屋上にあるインフィニティプールや併設してあるカジノなど楽しめる場所が多くあります。実際にマリーナベイサンズに泊まってきた感想・レビューを、写真とあわせてご紹介します!
シンガポールの治安は日本よりも良い?|最新の治安情報・旅行での注意点
シンガポールの治安は良く、世界平和度指数や殺人発生率などを参考にすると日本と同程度かそれ以上の安全性が見られます。ただ、比較的お金を所持している日本人は海外旅行で狙われやすいので、治安の良いシンガポールでも防犯対策など気をつけておきましょう。
シンガポールの罰金制度は厳しい!|ゴミのポイ捨てをすると罰金処分です
シンガポールの罰金制度は厳しく、ゴミのポイ捨てやチューインガムの持ち込み、電車内の飲食などでも罰金を取られる可能性があります。シンガポール旅行で警察に捕まらないために、罰金の対象になる行為についてまとめました!

シングリッシュ(Singlish)の特徴・話しやすい理由

アルファベットのイメージ

シングリッシュはシンガポールイングリッシュの略称ですが、具体的にどのように話すのかご紹介していきます。初心者が話すような間違った文法でも、わりと通じるのが助かりますね!

シングリッシュの特徴1・正しい英語の文法でなくても比較的通じる

シングリッシュでは本来の英語の文法に従わなくても、相手に通じやすいです。例として、動詞を過去形や未来系にせずに話すことがあります。

  • I go shopping yesterday.
  • We have a meeting next Monday.

昨日や明日、来週の月曜など時制の単語をつけておけば、動詞を現在形にしておいても普通に理解してもらえます。

それと、シングリッシュではCanの使い方も独特です。基本的な英語であれば、

  • I can meet her there.

といった感じで主語を必ずつけますがシングリッシュの場合では、

  • CanCan!(キャンキャン)→いいよ!、できるよ!
  • Cannot!(キャノ)→ダメ!
  • Also can(オルソーキャン)→これもいいよ

という風に、片言のような言い方で通じます。これは中国語の発音が由来になっていますが、シンガポール旅行中でも使う場面があるので覚えておくといいですよ!

シングリッシュの特徴2・語尾にlah(ラ)などがつく

シングリッシュではlah(ラ)やloh(ロ)が語尾につく傾向もあり、『OK, lah』といった言い方がされます。

これも中国語の発音が由来ですが、シンガポールのほかフィリピンなどほかの東南アジアでも一部、同様の言い方がされます。そこまで重要な言い回しでもありませんが、子供から大人まで幅広く使うので、聞く機会は多そうですね。

シングリッシュの特徴3・疑問文は語尾にma(マ)やmeh(メ)がつく

シングリッシュでの疑問文もシンプルです。通常の英語であれば疑問文は、

  • Did you have lunch?
  • Are you Japanese?

このように主語などの語順が変わりますがシングリッシュの疑問文は、

  • You already have lunch ma?
  • You are Japanese meh?

通常文の語尾にma(マ)やmeh(メ)をつけておけば、質問であることを認識してもらえます。動詞の時制も上記でお話しました通り、本来の文法通りでなくても問題ありません。

まとめ|シンガポールの英語はわりと話しやすい!

海沿いにあるシンガポールの街

シンガポール独自の英語・シングリッシュについて説明しましたが、実際に使ってみると普通の英語よりも話しやすく、間違った文法でも通じるケースがあるのは助かりますね!

各国の英語や、実際に英会話を学びたい方向けの記事もございますので、あわせてお読みいただければ嬉しいです!

★ネイティブの英語を学べる英会話教室もご紹介しています!

【麻布十番の英会話教室】ニック式英会話で英語が話せる!【生徒レビュー】
麻布十番にある英会話教室・ニック式英会話のレッスンを受けたレビューについて、紹介しています。他の英会話教室と違って、「本当に話せる」英会話を学ぶための独自カリキュラムが面白く、英語初心者の方でもニック式英会話に通えば話せるようになります!

★ほかにも、カナダ英語について解説!

カナダ英語とアメリカ英語の違い|カナダ英語はスペルと発音が異なる?
カナダ英語はアメリカ英語と比べて、ボキャブラリーやスペル(英単語の綴り)のほか、発音も異なる点があります。通じそうな英単語もカナダでは通じないことがあるため、カナダ英語の特徴を知っておきましょう!