公務員が海外旅行へ行くために必要な届出申請とその理由【無断渡航は処分?】

Travel
この記事の所要時間: 448

公務員が海外旅行に行く場合、基本的には海外渡航の申請が必要になります。一人旅や海外挙式、ハネムーンなど様々な理由があると思いますが、プライベートの海外旅行でも公務員は事前に許可を得ることが定められているのです。

私は公務員経験がないので、プライベートの海外旅行でも会社側に申請せずに行っていましたが、国の仕事をされている国家公務員や地方公務員・教員などは原則として海外渡航の許可を得るために届出をすると知って、驚きました。

現在公務員として勤務されている方や、公務員の内定をもらってこれから働き出す方向けに、海外旅行に行く際に必要や申請やその理由について、こちらのページで紹介していきたいと思います。

スポンサーリンク

公務員の海外旅行では事前の申請が細かい・厳しい?

公務員の方が海外旅行に行くためには、申請書や許可願などと呼ばれる書類を提出する必要があります。対象となる公務員は具体的に、

  • 国家公務員・地方公務員
  • 教員
  • 自衛隊
  • 警察官

などなど様々な種類がありますが、以下では例としまして、東京都立の学校職員向けの取り決めについて掲載します。

一 目的
この基準は、東京都立学校職員服務規程(昭和六三年東京都教育委員会訓令第八号)第一三条第二項に基づき教員等の海外旅行について許可しうる基準を示し、教員等の海外旅行許可制度の適正な運用を図ることにより、授業等の学校教育活動に支障が出ることを防止し、教員の服務規律を確保することを目的とする。

引用元:東京都教育委員会 都立学校職員の海外旅行について

教員の管理は生徒の教育指導にも影響が出てくるので、海外旅行に関する許可のルールが定義されているようです。

公務員の海外旅行申請には様々な条件がある

海外渡航申請自体はさほど厳しいものではなく、基本的には申請書の届出で許可が得られます。

ですが、場合によっては以下のような条件があり、渡航申請が面倒だと感じるかもしれません。所属している団体によって異なりますが、よくあるケースをまとめました。

  • 海外渡航の許可願は出発日の20日〜1ヶ月前までに提出
  • 許可願のほか海外旅行の日程表も要求される
  • すぐ許可が出る場合もあるが、承認されるまで1週間以上かかることも

昔と比べたら申請書1枚出せばすぐに許可が得られるなど、規則が軽くなっている傾向にありますが、それでも書類が多かったり1ヶ月以上前に届出をしなければならなかったり…手間がかかりそうですね。

海外渡航申請書・許可願に記載すべきことまとめ

各団体(勤務先)によって渡航申請書や許可願のフォーマットがあるかと思いますが、基本的には以下の項目を記載することになります。

  • 旅行先(国名など)
  • 旅行期間
  • 旅行目的(観光、新婚旅行、挙式など)
  • 宿泊先(ホテル名)
  • 海外旅行中の緊急連絡先
  • 旅行日程(別紙にて)

こと細かに事前報告するのは煩わしいと感じますが、これには公務員という立場上の理由があります。詳しくは以下で見ていきましょう。

▼飛行機の予約はエクスペディアが格安!▼ 

公務員が海外旅行へ行くのになぜ事前申請が必要?

クエスチョンマークが並んでいる画像イメージ

公務員が海外旅行をするだけでも申請が必要なのは一般的に、以下のような理由があります。

  • 災害や事件などの緊急事態で、すぐに連絡がつくようにするため
  • 海外旅行中に事件や事故などに万が一巻き込まれた場合、所在確認をするため
  • 機密情報の漏えいを防止するため

海外となれば不測の事態や災害に遭うことも可能性としてあるので、あらかじめ海外旅行中の所在地を確認しておくことが求められます。

また、特に防衛省の職員や自衛官などは重大な情報を保持しているので、むやみに海外へ行けないようにルール化されています。海外旅行に限らず、国内旅行でも緊急時のリスクを考慮して申請を義務化しているようですね。

未許可での海外旅行は処分の対象に?

仮に公務員が無断渡航をしたことがばれた場合、必ずということでもありませんが処分の対象になる恐れがあります。

公務員の処分では厳重注意や訓告など軽い罰則もありますが、重いと減給や停職、懲戒免職といった最悪のパターンもありますので、くれぐれも『ばれなければ申請しないで海外旅行をしていいだろう』とは思わない方がいいですね。

▼飛行機の予約はエクスペディアが格安!▼ 

公務員以外の民間企業でも海外渡航の申請が必要なケースも

公務員が海外旅行に行く際には事前申請が必要なことを説明しましたが、一部の民間企業でも同様に渡航申請の届出が義務付けられているところがあります。

航空機産業や防衛関連など、産業によって海外渡航でも社員の所在を把握する必要性が出てくる会社もあるでしょう。

ですので公務員の方以外でも、休暇を使って海外旅行へ行く時には会社側に念のため一報を入れたり、社則を確認しておくことをおすすめします。

★当サイト・TabiTime(旅タイムズ)では海外旅行に関する情報をご紹介しています。海外旅行の準備に関する記事もあるので、あわせてご確認いただければ幸いです!

自動化ゲートは便利!|国内・海外空港での利用可能場所と注意点まとめ
自動化ゲートにより、空港での出入国においてパスポートや登録した指紋の認証で出入国審査を簡単にできます。日本国内の空港だけでなく、イギリスの空港でも自動化ゲートが日本のパスポートで今後利用できるようになりますが、便利な反面いくつかの注意点もあるので確認しておきましょう。
海外旅行ではスマホを機内モードの設定にするべき理由・設定方法を解説!
海外旅行でスマホを理由する際、基本的には機内モードの設定にしておくことをおすすめします。その理由として、海外でのデータ通信(国際データローミング)では通信費用が高額になり、画像を送るだけでも数十万の請求になる恐れがあるからです。
海外旅行で免許証を持参するべき理由|パスポート紛失時の身分証明で必要です
海外旅行ではパスポートを紛失してしまった場合の再発行手続きで、身分証明書として免許証が必要になります。ほかにも、海外での運転で必要な国際免許証に関してこちらのページで詳しく解説しています。

★お子様がいらっしゃるご家族にもお読みいただきたい記事です。赤ちゃんもパスポートが必要なんですね。

赤ちゃんもパスポートが必要!|申請書類・証明写真の撮り方など解説!
赤ちゃんでも海外旅行の際にはパスポートが必要になりますが、申請時には必要書類や証明写真の用意など気になることがありますよね。こちらのページにて、赤ちゃんのパスポート申請で必要な書類一式や手続きの注意点などをまとめましたので、ご参考ください!