海外旅行で免許証を持参するべき理由|パスポート紛失時の身分証明で必要です

Travel
この記事の所要時間: 457

海外旅行ではパスポート以外にも、運転免許証を持参しておくことをおすすめします。というのも、海外旅行中にパスポートを紛失してしまった場合に、身分証明書として免許証が利用されるからです。

また、海外で車を運転する際には基本的に、国際免許証の発行をすることになります。海外旅行での免許証の携帯に加えて、旅行中のドライブを楽しむ方は国際免許証の発行方法についても知っておくといいでしょう。

こちらのページでは、

  • 海外旅行中に運転免許証を使うケース
  • 海外で車を運転する場合に提示する国際免許証の取得方法

この2点について解説したいと思います。

スポンサーリンク

海外旅行で免許証を持参するべき理由|免許証を使う場面とは?

海外旅行ではパスポートの携帯が必須になりますが、そのパスポートを紛失してしまった場合の再発行手続きで身分証明書が必要になってくるため、念のため免許証を持っておくといいでしょう。

パスポートの再発行で免許証が必要

海外でパスポートを落としてしまったり、盗難に遭ったりして紛失した場合、そのままでは帰国できません。それだけパスポートが重要なものであり、紛失した場合は警察署や大使館に行ってパスポート再発行をする必要があります。

その際、大使館で発行してもらう紛失一般旅券等届出書(紛失届出)では、本人確認や国籍確認で身分証明書を提出することが義務付けられています。

詳しくは以下の記事をご確認いただければと思いますが、万が一の非常事態に備えて免許証を持っておくといいですね。

パスポートを紛失した場合の手続きと対処法|海外での申請方法まとめ
海外旅行でパスポートを紛失した際には、新たにパスポートを作ってもらう(再発行)か、渡航書を申請しないと日本へ戻れません。いずれの手続きでも、警察署と日本大使館で必要な書類を発行してもらう必要があるため、海外旅行へ行く前の事前知識としておさえておきましょう。

海外旅行中では免許証とパスポートの管理が大事

パスポートだけでなく免許証も紛失すると、帰国までの手続きが面倒になります。ですので、どちらも海外旅行中に無くさないことが一番いいですが、紛失のリスクを分散させるために免許証とパスポートを別々で携帯しておくことも重要です。

例えば100均(100円ショップ)で売られているポーチや財布で、パスポートと免許証、クレジットカードなどを小分けにしておくと、スリ対策になります。

海外旅行で役立つ100均グッズ12選|実際に利用したレビューを基にご紹介!
海外旅行の準備で必要なグッズについて、100均(100円ショップ)で買えるものでご紹介します。飛行機での長旅や荷物整理などで役立つグッズを100均で安く購入するだけで、快適な旅になりますよ!

パスポートの紛失は日本への帰国だけでなく、海外の国内線でも飛行機を利用できなくなってしまうため、旅行の計画が大きく変わってしまいます。

日本の国内線ではパスポート不要|ただし海外の国内線では必要です
日本の国内線では基本的に、パスポートを持参する必要はありません。ただ、身分証明書代わりで普段からパスポートを使っている場合や、海外の国内線では必要になってきます。日本と違って海外の国内線はセキュリティ管理が厳しく、パスポートの提出が義務付けられています。
  • 海外では運転しないから大丈夫
  • 海外で免許証を紛失すると困るから持っていかない

といった考えで免許証を海外旅行で持参しない人もいると思いますが、パスポートの紛失リスクを考慮すると、免許証が必要なものであることがお分かりいただけるかと思います。

海外での車の運転では国際免許証が必要

海外旅行中の運転イメージ画像

海外旅行でドライブを楽しみたい場合には、国際免許証をあらかじめて取得しておきましょう。『ハワイやグアムでは日本の免許証で運転できるから要らないのでは?』と思う人もいるようですが、国際免許証を発行した方が確実です。

一部の国(場所)では日本の免許証でレンタカーを利用できるが国際免許証はやっぱり必要

日本人観光客の多いハワイやグアム、サイパンなどは日本の免許証だけでレンタカーを利用できるようになっていますが、交通事故や違反などのトラブルに遭った際、現地の警察官に日本の免許証を提示しても日本語を理解してもらえない可能性が高いです。

ですので、基本的には海外で運転する場合には日本の免許証とあわせて国際免許証を持参しておくことが望ましいですね。

国際免許証の発行で必要な書類は?

国際免許証はいわば、運転免許証の翻訳版みたいな位置付けになるため、発行申請は簡単です。最寄りの運転免許試験場や免許更新センターで、以下の書類を集めて申請すれば国際免許証を発行してもらえます。

  • 国内運転免許証
  • 証明写真(5cm × 4cm)
  • パスポート
  • 古い国外運転免許証(前に発行している場合)

参考:警視庁 国外運転免許証取得手続(本人による申請)

ただ、申請から発行までに要する時間が発行場所によって異なります。

  • 運転免許試験場・免許更新センター|即日で発行
  • 警察署|発行まで約2週間程度

海外旅行の出発日まで時間がない場合には、運転免許試験場や免許更新センターで申請するといいでしょう。また、国際免許証の有効期限は1年ですので、前に取得した国際免許証があっても有効期限内かどうか確認しておくといいですね。

海外旅行における免許証の重要性や国際免許証について解説しましたが、同じく重要な書類であるパスポートについても、当サイトで詳しく紹介しています!

日本のパスポートが世界最強に|各国のパスポートランキング【2019年2月更新】
日本のパスポートが世界最強と言われている理由として、2019年2月時点でビザなしで渡航できる国(または地域)が合計で190ヵ国で、世界一になったということがあります。各国のパスポートランキングや日本のパスポート事情について、こちらのページでご紹介します。
パスポートは10年が赤色・5年が紺色|基本的に10年がおすすめ!
日本のパスポートは10年用と5年用の2種類があり、一般的なデザインである赤色が10年用です。紺色の5年用パスポートも申請できますが、基本的は10年用パスポートの方がいいでしょう。それぞれ申請費用やページ数など違う点があるので、比較して紹介します。
赤ちゃんもパスポートが必要!|申請書類・証明写真の撮り方など解説!
赤ちゃんでも海外旅行の際にはパスポートが必要になりますが、申請時には必要書類や証明写真の用意など気になることがありますよね。こちらのページにて、赤ちゃんのパスポート申請で必要な書類一式や手続きの注意点などをまとめましたので、ご参考ください!
パスポートの署名(サイン)は漢字でもローマ字でもOK|基本的な書き方まとめ
パスポートの署名(サイン)は漢字とローマ字の両方で認められており、基本的に申請者本人によるサインであれば問題ありません。ただ、申請書に記載する署名のルールや、サインをローマ字にするメリットなどあるので、こちらの記事で一度確認しておくといいでしょう!

また、海外旅行全般で役立つ情報も以下の記事で取り上げています。あわせてご確認いただければ幸いです!

海外旅行では円高の方がお得!|円高と円安の違い・メリットについて
海外旅行では、円の価値が上がる円高のタイミングで行くと得をします。2012年では一時期1ドル80円の超円高時代がありましたが、その年の海外旅行者数は増加したようです。円高・円安の違いをおさえて、海外旅行を賢く楽しみましょう!
海外旅行ではスマホを機内モードの設定にするべき理由・設定方法を解説!
海外旅行でスマホを理由する際、基本的には機内モードの設定にしておくことをおすすめします。その理由として、海外でのデータ通信(国際データローミング)では通信費用が高額になり、画像を送るだけでも数十万の請求になる恐れがあるからです。
自動化ゲートは便利!|国内・海外空港での利用可能場所と注意点まとめ
自動化ゲートにより、空港での出入国においてパスポートや登録した指紋の認証で出入国審査を簡単にできます。日本国内の空港だけでなく、イギリスの空港でも自動化ゲートが日本のパスポートで今後利用できるようになりますが、便利な反面いくつかの注意点もあるので確認しておきましょう。
飛行機が怖い・苦手な方向けに克服できる5つの解決方法
飛行機が怖いと感じる理由の一つで、墜落事故や死亡事故に巻き込まれる不安がありますよね。ただ、本来は飛行機が乗り物の中で最も安全で、車よりも死亡事故に遭う確率は低いです。また、こちらのページでは飛行機への怖さや苦手意識をなくすための対策をご紹介します。