マーライオンの大きさ・高さについて|シンガポールにマーライオンは複数ある?

Singapore
この記事の所要時間: 521

マーライオンの大きさについて、これからシンガポール旅行に行く方は気になると思いますが、実際にシンガポールへ行ってマーライオンを見てきた方の中には、『思っていたよりも小さかった…』と期待外れに感じてしまうこともありますね。

ただ、シンガポールにあるマーライオンは一つだけでなく複数あり、一番大きいマーライオンは30m以上もありますが、10m未満のマーライオンやミニマーライオンと呼ばれる可愛らしいサイズ感のものもあるので、観光に行った場所によって大きさのイメージが変わるかもしれません。

そこでこちらのページでは、シンガポール旅行で撮ってきたマーライオンの写真とあわせて、各地にあるマーライオンの大きさや高さについて一つずつ紹介したいと思います〜

スポンサーリンク

▼海外旅行予約はエクスペディアがお得!▼ 
😆【航空券&ホテルを同時予約】
エクスペディアの公式サイト😆

▼海外旅行予約はエクスペディアがお得!▼ 
😆【航空券&ホテルを同時予約】
エクスペディアの公式サイト😆

マーライオンに対する大きさの感想・レビューは低評価?

Googleで『マーライオン』と検索すると、サジェストにちょっと笑ってしまうような結果が出てきました。

マーライオンの検索サジェスト画面

サジェストとは検索キーワードを入力する際に出てくる、その言葉と関連して検索されている可能性が高いワードの事ですが、『小さい』とか『がっかり』などネガティブな言葉がありました。

かわいそうなマーライオンさんですが、多くの観光客が『マーライオンって思ったよりも大きくない』と思ってしまうのには、以下のような背景があります。

マーライオンの種類|最も有名なマーライオンは一番大きくない

実はシンガポールには7つのマーライオンがありまして、特に有名どころになっているのは以下の通りです。

  • セントーサ島のマーライオン|37m
  • 本家(マーライオン公園)にあるマーライオン|8m
  • 本家の背後にあるミニマーライオン|2m未満

詳しくは別途紹介しますが、あの水を吐いていることでお馴染みなポピュラーなマーライオンは本家ですけど、大きさは一番ではないのです。

ですので、セントーサ島にある大きなマーライオンほどの期待感で行くと、小さく感じてしまうかもですね。

マーライオンは世界三大がっかり観光地の一つ?

不名誉なことに、世界にある観光地には『世界三大がっかり』と呼ばれる場所があります。期待外れと評価されてしまった世界三大がっかり観光地は、

  • シンガポールのマーライオン
  • ブリュッセルの小便小僧
  • コペンハーゲンの人魚姫

こちらの3つです。マーライオンも入ってしまっていますが、実際に見てきた私の感覚では全然がっかりしませんでしたよ!

このように小さいだとかがっかりだとか、かわいそうに言われているマーライオンにも魅力があることを伝えるためにも、ちゃんと紹介しなきゃですね〜

大きさ37mのセントーサ島にあるマーライオンは中に入れる!

セントーサ島にある大きなマーライオンタワー

まずは一番大きい、セントーサ島のマーライオンを取り上げます。こちらは高さ37mのマーライオンタワーであり、なんと中に入ることができます!

マーライオンタワーの中はエレベーターがあり、そこからマーライオンの口と頭上にある展望台まで行けるようになっています。

展望台からはインドネシアの島々や遠くの海を眺めることができて、絶景を堪能できますよ! こちらの写真も残っていればアップしたかったのですが…データが無かったです。。。

それと、夜になるとライトアップされて目からレーザー光が放たれるという派手なショーも前はあったらしいですが、現在はやっていないようです。

大きさ8m:定番のマーライオンには多くの観光客が!

マーライオン公園にある一般的なマーライオン

マーライオン公園にあるのが定番の観光地になっていて、私が行った時も多くの観光客で賑わっていました。

こちらが本家のマーライオンで、高さは8mほどです。どれほどの大きさかというと…

マーライオンと人の比較

人との比較でこんな感じですね。同行者に立ってもらいました。この大きさが期待を下回ると感じるので世界三大がっかりとも言われていますが、私は結構楽しめましたね〜

遠くから見たマーライオン

遠くからで見入ってしまいました。シンガポールに来たことを実感しますね。

マリーナベイサンズからも近いのでおすすめ!

それと、本家のマーライオンにはあの有名ホテル・マリーナベイサンズからも歩いて行ける距離なのでおすすめです。

地図で確認すると、マリーナベイサンズからも近いことがお分かりいただけるかと思います。マリーナベイサンズはホテルルームの質が高いほか、屋上にあるインフィニティプールなど魅力的なスポットが多いので、シンガポール観光では一度ぜひご利用してみてください!

★マリーナベイサンズの関連記事はこちらです〜

マリーナベイサンズの宿泊レビュー|ホテル・プールの魅力をご紹介!
マリーナベイサンズ(Marina Bay Sands)はシンガポールの中でも随一の総合リゾートホテルで、屋上にあるインフィニティプールや併設してあるカジノなど楽しめる場所が多くあります。実際にマリーナベイサンズに泊まってきた感想・レビューを、写真とあわせてご紹介します!
マリーナベイサンズが傾くのは本当?|倒壊の噂や危険性について
シンガポールで有名なホテル・マリーナベイサンズが傾く、という噂は事実であり、相当難しい建築設計だとされています。建設した韓国のゼネコンの評判などからマリーナベイサンズが倒壊してしまうのでは、という危険性について言及されているようです。

本家のすぐ近くにあるミニマーライオンが可愛い!

ミニマーライオン

さらに、水を吐く本家のマーライオンの裏側には可愛いサイズのミニマーライオンがあります。子供みたいな感じで、高さは人間と同じくらいなので2m未満といったところです。

本家のマーライオンと2ショットで撮れるのも、見栄えがいいですよね。マーライオン公園に行ったら、こちらのミニサイズも忘れずに見てあげてくださいね!

まとめ|マーライオンはがっかり観光地ではなく充分に楽しめます!

シンガポールにマーライオンとその大きさについてご紹介しましたが、少しでも魅力を感じていただければ嬉しいです。

やっぱり、シンガポールのシンボルともいえるマーライオンを実際に見るとワクワクしますし、海外に来たという高揚感があります。

また、シンガポール旅行で楽しめるのはマーライオンだけでなく、食事やショップもあります。以下のページでもシンガポール情報を取り上げているので、あわせてご確認いただければと思います〜

シンガポールのミシュラン1つ星グルメ|タイホア・ポークヌードルの食レポをご紹介!
ミシュランガイド1つ星を獲得したシンガポールの屋台、ヒルストリート・タイホア・ポークヌードルでは、豚のひき肉と豚のレバーが入ったバクチョーミーが有名です。シンガポール旅行で実際にバクチョーミーを食べてきましたので、食レポや感想について書きました!
シンガポールにあるインドの街・リトルインディアの観光レビュー!
シンガポールにあるリトルインディアは、独特なインドの街として有名です。派手な装飾で観光客に人気なスリ・ヴィラマカリアマン寺院や、ショッピングモールとして便利なムスタファ・センターなど魅力的なスポットが多いので、シンガポール旅行ではぜひ寄ってみてください!
シンガポールの罰金制度は厳しい!|ゴミのポイ捨てをすると罰金処分です
シンガポールの罰金制度は厳しく、ゴミのポイ捨てやチューインガムの持ち込み、電車内の飲食などでも罰金を取られる可能性があります。シンガポール旅行で警察に捕まらないために、罰金の対象になる行為についてまとめました!
シンガポールの雨季は11月〜2月|雨季での旅行が意外におすすめな理由
シンガポールの雨季は11月〜2月で特に強いスコールが発生しますが、比較的暑さが和らぐ時期でもあります。年中暑いシンガポールの中では過ごしやすい季節でもあるので、あえて雨季に旅行へ行くのも賢い選択だといえるでしょう!