飛行機の座席は各場所でメリット・おすすめポイントが!【通路側がGOOD】

Travel
この記事の所要時間: 728

飛行機の座席はどこがベストなのだろう、と海外旅行での飛行機予約で考える方もいますよね。私は海外旅行経験者に聞いて、どの座席がおすすめなのか確認してから予約しています。

ただ、飛行機の座席はどっちがいい論争みたいなもので、よく以下のことが争点となります。

  • 窓側と通路側、どっちがおすすめ?
  • 飛行機の前方と後方、または中間のどこが快適?
  • トイレ・非常口の近くが利用しやすい?
  • 小さい子供がいる場合がどこの座席がベスト?

こちらのページでは、飛行機の座席選びあるあるみたいな質問に対してお答えしていきたいと思います。個人的には通路側がトイレに行きやすいのでおすすめですが、各座席場所のメリット・デメリットもまとめました。

スポンサーリンク

飛行機の座席で窓側と通路側はどちらがおすすめ?

飛行機の窓側で座る女性のイメージ

飛行機の座席では、通路側と窓側のどちらかという選び方がまずありますよね。外の景色を見たい人は窓側へ行きたくなるかもしれませんが、トイレでの離席や荷物の確認などは通路側の方がメリットが多いです。

通路側と窓側の座席におけるメリット・デメリット比較

通路側と窓側の座席、それぞれのメリットとデメリットを以下表でまとめました。

座席位置通路側窓側
メリット
  • 隣の乗客に気を遣わず席から立てる
    (トイレに行きやすい)
  • 頭上の収納棚から荷物を取り出しやすい
  • 窓側と比較して窮屈感がない
    (特に身体の大きな人の場合)
  • 飛行機の外の風景を眺められる
    (気分転換にもなる)
  • トイレに行く隣の乗客に起こされることがない
  • 壁にもたれかかって寝られる
デメリット
  • トイレに行く隣の乗客のために席から立つ
    (起こされることもある)
  • 荷物が足元に置きづらい
  • トイレに行く時には隣の乗客に声をかけなければならない
  • 頭上の収納棚にある荷物が確認しづらい
  • 通路側より寒いこともある

それぞれにおすすめできるポイントがありますが、やはりトイレ問題が付きまといますね。

個人的には通路側の座席を選びます

私は比較的トイレに行く頻度が多いので、飛行機の座席はなるべく通路側を選びます。知人と横並びで座る場合はまだいいですが、隣が知らない乗客だと気を遣いますからね。

ただ、長時間のフライトだと窓側の方がおすすめでしょうか。隣の人に起こされたくなく、ずっと寝ていたいなら窓側で予約するのがいいでしょう。

飛行機の座席で前方と後方ではどちらがおすすめ?

飛行機の前方と後方でも、エンジン音の大きさフライト中の揺れなど気になることがあります。こちらも、それぞれの座席位置で比較してみましょう。

前方の座席|フライト中は比較的快適です

飛行機の前方座席は揺れが少ないなどのメリットが多いですが、一般的にハイクラスになるため、その分料金が高くなります。

座席位置前方
メリット
  • エンジン音が比較的静か
    (エンジンより前にあるため)
  • 揺れが小さい
  • 出口に近く、着陸したら早めに出られる
デメリット
  • 前方の座席はファーストクラスやプレミアムエコノミーなど、高い席になる

中間の座席|飛行機の揺れは一番少ない位置

飛行機の中間部分の座席は、フライト中の揺れが最も少ないです。乗り物酔いしやすい人はおすすめですが、エンジン音は大きいので耳栓などを用意しておくといいでしょう。

座席位置中間
メリット
  • フライト中の揺れが一番少なく、飛行機酔いしにくい
デメリット
  • 主翼に近い位置であるため、エンジン音がうるさい
  • 窓側でも主翼で外の景色が見られない座席もある

後方の座席|空席が多く荷物を置けるスペースを得られることも

後方の座席は大きく揺れるというデメリットがありますが、空席が多いのでたまに隣の席に荷物が置けることもあります。

座席位置後方
メリット
  • 空席が出やすい場所であるため、隣同士で座りやすかったり、空席に荷物が置ける
  • 主翼の後ろに席があるので外の景色が見やすい
デメリット
  • エンジン音が大きい・揺れも大きい
  • 着陸後、他の乗客が出るのを待っているので時間がかかる

トイレ・非常口の近くの席は利用しやすいか?

また、トイレの近くにある座席や、トイレ付近にある非常口の前にある座席も予約が入りやすいですが、こちらもメリットばかりでしょうか。

トイレ付近の座席はおすすめ?|トイレに並ぶ人がいるのはネック

トイレ付近の座席は、すぐにトイレへ行けるメリットは分かりやすいですが、目の前にトイレ待ちの乗客が並んでいるのが気になるところです。

それと、ベビーバシネット(赤ちゃん用のベッド)も近くになるので、赤ちゃんの泣き声も聞こえるなど、眠りたい時に寝られないデメリットも考えられます。

非常口前の座席に座るメリット|足を伸ばせる・席から立ちやすい

非常口前の座席はスペースがあり、窮屈なエコノミークラスでも足を伸ばせる大きなメリットがあるので人気の席です。前方に座席がないものも、解放感があっていいですよね。

海外旅行経験の多いKyokoさん(当サイトの運営者)からも、非常口前の座席は広いからおすすめだとお聞きしました。

ただし、非常口はいざという時の緊急脱出ルートになっていることを理由に、非常口前の座席を座れる人はある程度限られています。

非常口前の座席におけるルール・デメリット

緊急時の出口である非常口の前には原則、乗客の荷物を置くことが禁止されています。それと、肘掛けに備え付けてある小さいテーブルしかないのも、ちょっと利用しづらい点ですね。

また、緊急時において非常口前の乗客は手助けする必要があるため、利用するには以下のようなルールが設けられています。

  • 年齢制限(満15歳以上など)
  • 航空機ドアの開閉など、緊急脱出の状況時に手助けができること(指示への同意)
  • 脱出手順の案内(客室乗務員の指示を理解し、他の乗客へ伝えることができる)

他の乗客に対して脱出口へ誘導する必要があるため、15歳未満の子供は非常口前の座席利用が難しいようです。

小さい子供(赤ちゃん)がいる場合は?|親御さんは通路側で座るのがおすすめ

飛行機の窓側で座る子供のイメージ

各座席位置のメリットとデメリットについて一通り解説しましたが、小さいお子さんがいる場合については、なるべく親は客室乗務員を呼びやすい通路側に座ることをおすすめします。

子供や赤ちゃんは真ん中(または窓側)の座席にすれば、トイレにも連れて行きやすいです。また、窓から外の景色を見させてあげることで退屈せず、静かに居てくれるメリットもあるでしょう。

★当サイトでは、赤ちゃんを連れていく海外旅行向けの記事も掲載しています。赤ちゃんのパスポート申請もお忘れずに!

赤ちゃんもパスポートが必要!|申請書類・証明写真の撮り方など解説!
赤ちゃんでも海外旅行の際にはパスポートが必要になりますが、申請時には必要書類や証明写真の用意など気になることがありますよね。こちらのページにて、赤ちゃんのパスポート申請で必要な書類一式や手続きの注意点などをまとめましたので、ご参考ください!

まとめ|何かと通路側が便利でおすすめだと思います

海外旅行での飛行機では景色も楽しみたいところですが、何かと通路側が動きやすく便利な面があります。長時間フライトで起こされたくない…と心配する人は窓側の座席でもいいですが、利便性を重視すると通路側がおすすめですね。

それと飛行機の予約時期について、こちらの記事で解説していますのであわせてお読みいただければ幸いです。国際線だと、約11ヶ月前からの予約ができます。

飛行機の予約はいつから?|国際線では約11ヶ月前から予約可能!
飛行機の予約では、国際線は11ヶ月前・国内線は2ヶ月前からが一つの目安になります。ただ、航空会社によって規定が変わったら、早割などの特別プランもあるので確認しておくといいでしょう。こちらのページでは、飛行機の予約はいつからがいいのか、といった疑問にお答えます。

★海外旅行のフライトで役立つ記事は他にもございます!

海外旅行で液体を機内へ持ち込める?|国際線機内持ち込みのルールを確認!
海外旅行で液体物を飛行機内へ持ち込む場合、基本的なルールとして100ml以下の容器に移し替えてジップロック(プラスチック袋)に入れておく必要があります。国際線ではテロ対策のため液体物に関するルールが多いので、海外旅行の準備で確認しておきましょう。
自動化ゲートは便利!|国内・海外空港での利用可能場所と注意点まとめ
自動化ゲートにより、空港での出入国においてパスポートや登録した指紋の認証で出入国審査を簡単にできます。日本国内の空港だけでなく、イギリスの空港でも自動化ゲートが日本のパスポートで今後利用できるようになりますが、便利な反面いくつかの注意点もあるので確認しておきましょう。
海外旅行ではスマホを機内モードの設定にするべき理由・設定方法を解説!
海外旅行でスマホを理由する際、基本的には機内モードの設定にしておくことをおすすめします。その理由として、海外でのデータ通信(国際データローミング)では通信費用が高額になり、画像を送るだけでも数十万の請求になる恐れがあるからです。
飛行機が怖い・苦手な方向けに克服できる5つの解決方法
飛行機が怖いと感じる理由の一つで、墜落事故や死亡事故に巻き込まれる不安がありますよね。ただ、本来は飛行機が乗り物の中で最も安全で、車よりも死亡事故に遭う確率は低いです。また、こちらのページでは飛行機への怖さや苦手意識をなくすための対策をご紹介します。

★海外旅行の準備で必要なアイテム・パスポートに関するおすすめ情報も!

海外旅行で免許証を持参するべき理由|パスポート紛失時の身分証明で必要です
海外旅行ではパスポートを紛失してしまった場合の再発行手続きで、身分証明書として免許証が必要になります。ほかにも、海外での運転で必要な国際免許証に関してこちらのページで詳しく解説しています。
海外旅行で役立つ100均グッズ12選|実際に利用したレビューを基にご紹介!
海外旅行の準備で必要なグッズについて、100均(100円ショップ)で買えるものでご紹介します。飛行機での長旅や荷物整理などで役立つグッズを100均で安く購入するだけで、快適な旅になりますよ!
期限切れになったパスポートは?|更新を忘れた場合は新規申請の手続きで!
更新するのを忘れてしまいパスポートが期限切れになった場合、新規申請の手続きでパスポートを発行してもらいます。こちらのページでは、パスポートの新規申請で必要な書類や、申請時に気をつけるべきことなどをまとめました。