シンガポールの雨季は11月〜2月|雨季での旅行が意外におすすめな理由

Singapore
この記事の所要時間: 444

シンガポールの雨季は11月〜2月と日本とは違う気候環境にありますが、一年中暑いという点もきになるところでしょう。年間の平均気温が25℃を越えるため、軽装で行かないと暑さでやられてしまいます。

Kyoko
Kyoko

数年前にシンガポール旅行へ行きましたが、雨季に入った11月頃でしたので雨で多少暑さが和らいだ感じがしましたね〜

日本の雨季(梅雨)はジメジメして不快に思う人も多いかもしれませんが、シンガポールの雨季は意外に過ごしやすく感じます。ですのでシンガポール旅行の計画を立てる間には、気候事情について確認しておくといいでしょう。

スポンサーリンク

シンガポールの雨季の特徴|日本の気候と比較

シンガポールの雨季は11月〜2月だと冒頭で紹介しましたが、それ以外の3月〜10月は乾季です。ただ、乾季といっても割と雨は降ります。

シンガポールの月別降水量|年間を通して雨が降ります

気象庁の天候データを参考に、シンガポールの月別降水量を見ていきましょう。以下グラフの通り、降水量と降水量平均値の数字では11~2月で増加していることがわかります。

シンガポールの降水量・気温などの月別グラフ(2018年)

引用元:気象庁 世界の天候データツール(シンガポール 2018年)

ただ、3月〜10月の降水量平均値も150mmほどあるため、天候データからも一年中雨が降っていることがうかがえますね。

日本(東京)の月別降水量と比較

参考までに、東京の月別降水量も確認しますと以下グラフの通りです。

東京の降水量・気温などの月別グラフ(2018年)

引用元:気象庁 世界の天候データツール(東京 2018年)

東京では雨季ともいえる6~7月の梅雨や、台風が比較的多く発生する9月で降水量平均値が高くなっていますが、冬〜春にかけては降水量が少なめで、それほど雨が降らないことがわかります。

東京の気候と比べると、シンガポールの降水量がいかに多いのかお分かりいただけたかと思います。シンガポールの雨季では日本の台風が集中する時期と同等か、それ以上の雨量が見込めるでしょう。

シンガポールの雨季と乾季の比較|雨の降り方も日本と違います

シンガポールの雨季と乾季の特徴について、まとめました。シンガポールの雨は、突発的な豪雨であるスコールが一般的で、一時的に降ってはすぐに止みます。

<シンガポールの雨季の特徴>

  • 断続的な強い雨(スコール)が一日数回ある
  • 気温が下がり比較的過ごしやすい
  • 雨とあわせて雷もよく発生する

<シンガポールの乾季の特徴>

  • 雨量は少なくなるが、スコールは起きる
  • 気温が上がり、日差しが強くなる

シンガポールの雨季におけるメリットは、気温が下がることでしょう。年中暑いシンガポールでは、雨季が割と過ごしやすいと感じるのではないでしょうか。

★世界の気候に関連する記事はこちらです!

韓国の天気・気候を日本と比較!|季節に応じた服装は?【韓国旅行前に必見!】
韓国の天気の傾向は日本と異なり、特に冬がかなり冷え込むので旅行前には防寒に適した服装をしっかり準備するといいでしょう。こちらのページでは韓国の天気や気温・気候の特徴について解説していますので、韓国旅行前にぜひご確認ください!

シンガポールの雨季で旅行に行く際の注意点

スコールが多く発生する雨季で旅行に行く際、気を付けておくべきことがありますので、以下でまとめました。

雨季の注意点1|折り畳み傘を携帯しておく

シンガポールでは出かける時に晴れていても、急にスコールがやってくることが多いため、折り畳み傘を携帯しておくことをおすすめします。

長傘は荷物の邪魔になる上、傘の形状によって飛行機内へ持ち込めないケースがあるため、軽い折り畳み傘がいいでしょう。

飛行機内への傘の持ち込みは可能!|持ち込み規制と注意点まとめ
飛行機の中に傘を持ち込むことは可能ですが、先端が尖っていることなど武器として認められた場合には機内持ち込みができません。また、傘は身の回り品に該当するため、他の荷物の兼ね合いによっては預け荷物にしなければならないこともあるため、注意が必要です。

雨季の注意点2|雨に濡れてもいい服装で

強い雨や暑さに対応した服装で行くことも重要です。シンガポールでジーンズなどは暑く感じるので、ハーフパンツなど動きやすい格好がいいでしょう。

ただ、ホテルやレストランなどの建物内ではクーラーが効きすぎていることもあり、体が冷えて風邪をひく恐れもあります。カーディガンなどの上着も持っておくといいですね。

雨季の注意点3|室内で観光できる場所がおすすめ

これは雨季に限らず、乾季でも強い雨が降ることもあるため、シンガポール旅行ではショッピングモールなど室内で遊べる場所だと過ごしやすいです。

例えば、有名なホテル施設であるマリーナベイサンズもショッピングやカジノ施設で楽しめます。室内では暑さからも回避できるので快適ですね!

マリーナベイサンズの宿泊レビュー|ホテル・プールの魅力をご紹介!
マリーナベイサンズ(Marina Bay Sands)はシンガポールの中でも随一の総合リゾートホテルで、屋上にあるインフィニティプールや併設してあるカジノなど楽しめる場所が多くあります。実際にマリーナベイサンズに泊まってきた感想・レビューを、写真とあわせてご紹介します!

まとめ|シンガポールの気候事情とあわせておすすめ観光地もチェック!

シンガポールの夜景のイメージ

暑いシンガポールでは、雨季の11月〜2月も旅行時期として悪くない選択です。それと、当サイトではシンガポールの旅行体験記などの記事も掲載しているので、観光先としてぜひご参考くださいませ!

★有名グルメや観光地に関する記事です!

シンガポールのミシュラン1つ星グルメ|タイホア・ポークヌードルの食レポをご紹介!
ミシュランガイド1つ星を獲得したシンガポールの屋台、ヒルストリート・タイホア・ポークヌードルでは、豚のひき肉と豚のレバーが入ったバクチョーミーが有名です。シンガポール旅行で実際にバクチョーミーを食べてきましたので、食レポや感想について書きました!
シンガポールにあるインドの街・リトルインディアの観光レビュー!
シンガポールにあるリトルインディアは、独特なインドの街として有名です。派手な装飾で観光客に人気なスリ・ヴィラマカリアマン寺院や、ショッピングモールとして便利なムスタファ・センターなど魅力的なスポットが多いので、シンガポール旅行ではぜひ寄ってみてください!
マーライオンの大きさ・高さについて|シンガポールにマーライオンは複数ある?
シンガポールにマーライオンの大きさは一番大きいもので37mありますが、シンガポール観光の定番になっているマーライオン公園にあるものは8m程度です。マーライオンは一つだけでなくいくつか種類があるので、おすすめのスポットをそれぞれご紹介します。

★シンガポール旅行で注意するべきこともまとめました!

シンガポールの罰金制度は厳しい!|ゴミのポイ捨てをすると罰金処分です
シンガポールの罰金制度は厳しく、ゴミのポイ捨てやチューインガムの持ち込み、電車内の飲食などでも罰金を取られる可能性があります。シンガポール旅行で警察に捕まらないために、罰金の対象になる行為についてまとめました!
シンガポールで英語は通じる?|独特な英語・シングリッシュについて解説
シンガポールでは英語を話す機会は多く、独特の英語・シングリッシュが利用されています。シングリッシュは通常の英語と比べて話しやすい特徴もあるため、シンガポール旅行の際はぜひ使ってみるといいですよ!
シンガポールの治安は日本よりも良い?|最新の治安情報・旅行での注意点
シンガポールの治安は良く、世界平和度指数や殺人発生率などを参考にすると日本と同程度かそれ以上の安全性が見られます。ただ、比較的お金を所持している日本人は海外旅行で狙われやすいので、治安の良いシンガポールでも防犯対策など気をつけておきましょう。